紅しょうが

全国的に見て、紅しょうがはとんこつラーメンのトッピングの定番です。食欲を引き立てる赤色を加えるという目的があるほか、とんこつ独特のクセをサッパリとした味にするために入れたのが始まりと言います。

ただし、博多では紅しょうがを利用していないケースも少なくありません。博多っ子はとんこつの臭いが好きで、わざわざ臭みを消す理由がないからです。博多のとんこつラーメンが全国的になった頃から、紅しょうがを入れるケースが増えてきたと言われています。

もし博多っ子たちがとんこつラーメンに紅しょうがを入れるなら、替え玉のタイミングです。最初の1杯目はお店から出されたものを食べ、スープを残して替え玉を注文するときに味を変えるという人は少なくありません。まずはお店が作ったとんこつラーメンの味を楽しんで、2杯目で飽きないようにトッピングをします。だから、博多のラーメン屋さんでは初めから紅しょうがを入れず、テーブルの上に置いてあるケースもあるようです。

昭和初期に誕生した草創期の博多とんこつラーメンは、紅しょうがが入ってなかったという記録も残されています。もし本格派のとんこつラーメンを食べたいなら、紅しょうがを入れるタイミングを工夫するとよいでしょう。