きくらげ

きくらげも、とんこつラーメンの定番トッピングのイメージがあるかもしれません。博多の長浜とんこつラーメンが発祥というイメージをお持ちの方もいるようですが、実はきくらげトッピングの発祥は熊本ラーメンだそうです。同じとんこつラーメンですが、なぜ熊本ラーメンにきくらげがトッピングされるようになったのでしょうか。

熊本はきくらげの原産地です。ご当地ラーメンの傾向ですが、地元で採れた食材を使うことは珍しくありません。国内産のきくらげは多くありませんが、日本で多く作っているのは熊本です。博多風のとんこつラーメンと区別するため、熊本ラーメンにきくらげを入れるようになったのではないかと考えられています。

実際の味わいとしては、きくらげが入ることで食感がよくなるという意見もあります。するすると喉まで入っていく細麺のとんこつラーメンですが、その分、噛み応えという意味では弱いと感じる人もいるかもしれません。バリカタやハリガネで麺を茹でてもらおうと考える人もいると思いますが、きくらげをトッピングすることで食感を維持できるのです。

長浜ラーメン派からすると必要ないという意見も見受けられます。しかし、味にアクセントを付けたいなら、とんこつラーメンにきくらげを入れるのはポピュラーな選択肢のひとつでしょう。