とんこつラーメンのトッピング

いまや博多を代表する長浜ラーメンは、ドロドロとしたスープや細麺が特徴です。麺を食べ終わったらもう1玉注文できる、替え玉システムも人気となりました。そんな長浜ラーメンですが、麺やスープだけでなくトッピングにも魅力が隠されています。とんこつラーメンにはどんなトッピングが合うのでしょうか。

まずはネギです。何がなくとも、ネギだけはトッピングに入っているケースが少なくありません。地元で採れた博多万能ネギにこだわるお店から、ワケギのような太めの青ネギを使うお店までさまざまです。ただし、共通しているのはとんこつラーメンの風味にアクセントを加え、おいしく食べて欲しいという想いでしょう。ネギが苦手でなければぜひ食べてみてください。

きくらげが入っているイメージをお持ちの人もいるかもしれません。実は、長浜ラーメンにおいてはあまりポピュラーではないことをご存じでしょうか。同じとんこつスープでも、きくらげトッピングは熊本ラーメンが発祥です。ただし、とんこつラーメンに対してアクセント的に食感を楽しむことはできるため、もしトッピングに迷っているなら選択肢の一つになると思います。

また、紅しょうがも地元では変わったトッピングです。とんこつラーメンの臭みを消す役割ですが、博多っ子はとんこつの臭みを気にしない人が多く見受けられます。もし紅しょうがを入れるなら、替え玉をした2杯目で味変えのために頼むのがよいでしょう。

当サイトはとんこつラーメンのトッピングについてまとめました。こだわりが多いのが博多のとんこつラーメンですが、深みにハマると楽しくなるはずです。ぜひ、あなたの理想のトッピングを探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です